新規会員登録はこちら
パスワードを忘れた方はこちら

※会員登録をしなくてもお買物できます。
→マイページ(会員情報等)はこちら

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

5,000円以上のご購入で送料無料

※ただし沖縄・離島等の特別地を除きます。

※【クール便】の商品は送料無料の対象外となります。

長野県内限定サービス

※サービスエリアにご自宅・墓石がある方は県外在住者でも掃除などの一部サービスがご利用頂けます。

地図

相澤病院様より徒歩2分

Googleマップはこちら

信州の恵 通販サイト 信州名水.com 信州の豊かな自然にはぐくまれた名水や食材、特産品をお届けします。

湧水と深井戸水について
ミネラルウォーターとは
ミネラルウォーターの種類
軟水と硬水の違い
QRSとは
波動水とは
アルカリ土類炭酸塩とは


湧水と深井戸水について
湧水と深井戸の2種類の中から厳選し、販売 湧水
湧水(ゆうすい)とは地下水が地表に自然に出てきたもののことです。湧き水(わきみず)や泉(いずみ)、湧泉(ゆうせん)ともいいます。大規模な湧水はそのまま川の源流となることもあります。

気象条件・人為作用などにより地下水位が上下することで、湧出量が増減したり、時には枯渇したりします。しかしその変動は、一般的には河川水におけるそれよりも小さく、得られる水量が気象条件によって左右される度合いが少ない、言い換えれば安定した水資源となっている例が多い、といえます。


井戸について
井戸(いど)とは地下水、温泉、石油、天然ガスなどをくみ上げるため、または水を注入するために、地面を深く掘った設備のことをいいます。
一般に「井戸」といった場合には地下の帯水層から地下水を汲み上げるための採水施設を指すことが多いです。


浅井戸、深井戸
井戸の深さ(孔底深度)が浅く不透水層の上にあって自由地下水(不圧地下水)を取水している井戸を浅井戸、孔底深度が深く不透水層の下から取水している井戸を深井戸といいます。一般には深さ20mから30mが基準とされています。ただし、地下に分布する帯水層の深度は地域ごとに異なります。

井戸水は一般的には地下をゆっくりと流れる際にミネラル分を溶かし込み、また、病原細菌や汚染物質についても地中微生物が分解したり土壌の吸着作用によって浄化されます。ただし、浅井戸は地面の汚染に影響されやすく、病原物質や原虫などが増え飲用に適さなくなる場合がありますが、深井戸は不透水層の下から取水しているので、地面の汚染にも影響されにくいという特徴があります。


ミネラルウォーターとは
ミネラルウォーター(Mineral water)とは、容器入り飲料水のうち、地下水を原水とするものを言う。日本では特に、原水の成分に無機塩添加などの調整を行っていないものは、ナチュラルウォーター・ナチュラルミネラルウォーターと呼ぶ。一方、原水が地下水でないものは、ボトルドウォーターと呼ぶ。これらの区分については、農林水産省がガイドラインを定めている。


ミネラルウォーターの種類
ナチュラルウォーターとは

特定の水から採水された地下水を原水とし、沈殿、濾過、過熱殺菌以外の物理的・化学的処理を行わないもの。

ナチュラルミネラルウォーター

ナチュラルウォーターのうち鉱化された地下水(地表から浸透し、地下を移動中又は地下に帯類留中に地層中の 無機塩類が溶解した地下水(天然の二酸化炭素が溶解し、発泡性を有する地下水を含む)をいう)を原水としたもの。

ミネラルウォーター

ナチュラルウォーターを原水とし、品質を安定させる目的などの為にミネラル調整、ばっ気、複数の水源から採水した ナチュラルミネラルウォーターの混合などが行われているもの。

飲料水・ボトルドウォーター

ナチュラルウォーターを原水とし、品質を安定させる目的などの為にミネラル調整、ばっ気、複数の水源から採水した ナチュラルミネラルウォーターの混合などが行われているもの。


軟水と硬水
軟水の特徴
水の硬度は{カルシウム濃度(mg/L)×2.5+マグネシウム濃度(mg/L)×4.1}で近似され、WHOの定義で   は、硬度120以下を軟水と定義しています。
軟水は、腐葉土や泥炭層の間を流れて出来たような水で、目安としては、水100mLに対してCaCO3換算で10mg以下の水をさします。  飲んだとき、まろやかな感じなのが特徴。 


硬水の特徴
硬水(こうすい)は、硬度の高い水のことを言います。
カルシウムイオンやマグネシウムイオンが多量に含まれている。
語源については、欧米の1hard waterがそのまま和訳されたというもの、ご飯など物を硬くする成分を含んで いるため硬水といわれます。

水に含まれるミネラルが多くなるほど口当たりが重く、癖の強い味になるため、ミネラルを多く含む硬水は 軟水ちお比べて飲み辛く、飲用に適さないものが多いです。
水分子と強く結合(水和)するマグネシウムイオンは体内に吸収されにくく、これを人間が摂取すると、 大腸に長時間留まり、水の吸収を妨害してしまいます。この結果、腸内に水分が溜り、下痢を起こすことがあります。 このような理由で、硫酸マグネシウムを多く含む硬水を飲むと下痢をしやすくなります。 しかし硬水の中でも飲用に適しているものもあり、水に含まれているミネラルを栄養として利用するため 飲料として販売されているものもいくつかあります。


QRSとは?
QRSとは、非物理的な生命現象に基づく微弱な整理的反応を音に変換し、被検者の生理機能を判定するちと共に、 その非物理的な情報を生体に入力、生体の持つ自然治癒力の発現を促そうとする装置のことです。 (アメリカの病理学者エイプライムスが発見したE.R.Aは、生体には物質を媒体とした物理化学的な反応が起きる 以前の電磁気的な波動現象に基づく何らかの生理的な反応があるとしています。)


波動水とは?
パワー水」とも呼ばれています。
波動水は分子が極めて細かく(クラスターが小さい)、飲み物や食べ物の味をまろやかにし、美味しいと 感じさせる働きがあります。
戸隠の湧水は波動値が極めて高い+2500を計測しています。

検査期日:2006年7月6日
検査機関:量子化学研究振興会IMA研究所(株)協和コーポレーション
>>計測データはこちら http://www.togakushi-water.jp/suisitu.htm


アルカリ水とは?
カルシウム・ストロンチウム・バリウム・ラジウムをアルカリ土類金属(アルカリどるいきんぞく、Alkalinearth metal) と呼びます。
厳密には、共有結合性を強く反映するベリリウムとマグネシウムはアルカリ土類金属に含まれませんが、 広義には第2族元素とアルカリ土類金属とは言いかえて使用されます。
当店の商品「戸隠の湧水」はアルカリ土類炭酸塩水に分類されるのでいわゆる「おいしい水」です。


信州名水